次世代再処理技術

当社では、軽水炉からFBR(高速増殖炉)への移行期をにらんだ柔軟な燃料サイクル構想や次世代の再処理技術に向けた技術開発を進めており、ウラン資源の有効利用に資するべく努めております。

移行期における柔軟な燃料サイクル構想(FFCI: Flexible Fuel Cycle Initiative)

軽水炉使用済燃料からウランの大部分を分別し、残りのリサイクル原料からプルトニウムとウランを回収してFBRに供給します。FBRの導入が遅延する場合はリサイクル原料を一時貯蔵します。

alt

フッ化物揮発法と溶媒抽出法のハイブリッド再処理技術(FLUOREX: Hybrid Process of Fluoride Volatility and Solvent Extraction)

FFCIを具現化する技術です。小型フレーム炉によるフッ化処理でウランの大部分を高速で分別し、既存技術である溶媒抽出で残余(リサイクル原料)からプルトニウムとウランを回収します。

alt