応力緩和技術

原子力発電設備の経年化、特に、応力・材料・水質環境が原因で発生する応力腐食割れ(Stress Corrosion Cracking:SCC)を未然に防ぐ技術を開発・適用しています。

高周波誘導加熱による配管溶接部残留応力緩和技術(∑-100)
高周波誘導加熱による配管溶接部残留応力緩和技術(∑-100)

日立では残留応力緩和効果の向上と施工対象の拡大を図った改良IHSI(∑-100)を開発し、適用しています。

H7外面

CRDスタブ

ウォータジェットピーニング*による炉内構造物の残留応力緩和改善

*
水中にて高速の水ジェットを吹き付け、その際に発生するキャビテーションにより溶接残留応力を改善する手法