BWR予防保全技術センター

BWRの重要機器である原子炉圧力容器や炉内構造物の点検、改良など、予防保全技術/工法の開発を実規模模擬モデルを用いて実施しています。
本設備は、オペレーションフロア以外の主要機器を地下に配置した構造としており、実規模で予防保全技術の開発や確証試験が実施できます。また、複数の開発・試験や現地作業のトレーニングを全工程通して同一場所、同一条件で行うことが可能であり、施工品質の一層の向上を図れます。

BWR予防保全技術センター

BWR予防保全技術センター

ピット内部
ピット内部

実機を模擬した20m上方からの炉内遠隔作業訓練や、構造物が林立する容器下方での作業訓練が可能です。