高度保全技術の開発

当社では、保全技術の高度化を図っており原子力発電プラントの高経年化に対応した技術開発や、出力向上に向けての技術開発に取り組んでいます。

高度保全技術の開発

高度保全市場

  • 高経年化:寿命40年 ⇒ 60年
  • 出力向上:100% ⇒ 120%

高度保全技術の開発

WJP:ウォータージェットピーニング(Water Jet Peening)
IHSI:高周波加熱残留応力改善法(Induction Heating Stress Improvement)
CRD:制御棒駆動機構(Control Rod Drive)
ICM.H:炉内モニタハウジング(In Core Monitor Housing)