設備利用率向上技術

原子力発電プラントの設備利用率の向上が重要視されています。当社では、長期サイクル運転に対応する燃料の採用や、運転中の機器の状態を監視するモニタリング技術の開発を進めています。

  • 運転中状態監視による信頼性向上
  • 長・短定検の組合せによる設備利用率向上
  • 測定・点検データによる設備点検頻度最適化

長期サイクル運転技術

長期サイクル運転対応燃料

長期サイクル運転対応燃料

10x10燃料(GNF2燃料)

  • 24ヶ月運転対応可能
  • 取出平均燃焼度
    50GWd/t程度
  • 出力向上に対応可能

運転中モニタリング(状態監視)

運転中モニタリング(状態監視)