• サイトトップ
  • ニュースリリース
  • GE日立ニュークリア・エナジー、サバンナ・リバー・ニュークリア・ソリューションズと小型原子炉の採用可能性評価に関する覚書を締結

GE日立ニュークリア・エナジー、サバンナ・リバー・ニュークリア・ソリューションズと小型原子炉の採用可能性評価に関する覚書を締結

【米サウスカロライナ州エイケン 2010年10月27日】 GE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は、GEHの第4世代原子炉であるプリズム(PRISM)のプロトタイプを、計画段階にある小型原子炉実証試験に採用する可能性の検証に関し、サバンナ・リバー・ニュークリア・ソリューションズ(SRNS)と覚書を締結しました。この試験は、米エネルギー省保有のサバンナ・リバー・サイト(サウスカロライナ州エイケン市)で実施されます。

SRNSは米エネルギー省からサバンナ・リバー・サイトの管理・運営を請け負っています。今回の覚書締結により、米国原子力規制委員会(NRC)のライセンスと299メガワットのPRISM原子炉を連邦政府所有の施設に設置する計画について話し合いが進められることになります。

SRNSのギャリー・フラワーズ社長兼CEOは「アメリカのエネルギーの未来を変革するために大きな役割を担っているサバンナ・リバー・サイトとこの地域にとって、今回の覚書締結は新たな一歩となりました。同サイトに第4世代のPRISM原子炉のプロトタイプを設置する可能性をGEHと共に評価できることを大変嬉しく思います。PRISMや他の次世代小型原子炉を将来のエネルギー源として実証する場として、サバンナ・リバー・サイトは理想的な場所であると考えています」と述べました。

フラワーズ社長は続けて「この技術の導入が順調に進めば、最新鋭の小型原子炉技術のリーダーとして米国が世界を牽引することができるほか、オバマ政権が掲げる米国のエネルギー自立という重要な目標を達成することに貢献できるでしょう」と述べています。

PRISMは、米国のナトリウム冷却炉の研究開発に立脚した最新鋭の第4世代原子炉で、NRCの申請前審査を1994年に完了しています。PRISMの最大の特長は、使用済み核燃料を再利用し発電量を増やすことが可能になることです。

GEHのキャロライン・リーダ社長兼CEOは「当社の第4世代原子炉PRISM導入の可能性をSRNSと共同で検討できることは当社にとって大きな前進になると考えています。今後SRNSと最新鋭の原子炉技術に関して話し合いを進めるのを心待ちにしています」と述べています。

SRNSは、業界や関係団体と共同で、米国エネルギー省のためにサバンナ・リバー・サイトにおけるエネルギー保障に関わる活動を積極的に進めています。GEHのリーダ社長は「PRISM技術は、核燃料に関する現代の課題の多くを解決できる可能性を持っており、サバンナ・リバー・サイトでの実証試験を実現するために理想的な適合性を備えていると考えています」と述べました。

サバンナ・リバー国立研究所(SRNL)の所長のテリー・マイケルスク博士は、副所長のトム・サンダーズ博士と共に、SRNSに対する助言や指導をしています。

マイケルスク所長は「サバンナ・リバー・サイトのプロジェクトでは、当国立研究所が保有する専門知識を大いに活用できます。米国そして世界で、小型モジュール原子炉が採用される可能性に大きな期待を持つと同時に、その成功を信じています。プロジェクトが実現する日を楽しみにしています」と述べています。

サバンナ・リバー・ニュークリア・ソリューションズについて

サバンナ・リバー・ニュークリア・ソリューションズ(SRNS)は、フルオール、ノースロープ・グラマンおよびハネウェルから成るフルオール・ダニエル共同経営会社で、サバンナ・リバー・サイトの管理・運営を請け負っています。また、同サイトで実験されている研究および開発の施設である、サバンナ・リバー国立研究所の管理も請け負っています。同研究所は原子力の研究において50年以上の技術経験があります。

GE日立ニュークリア・エナジーについて

米国ノースカロライナ州ウィルミントンに拠点を置くGE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は、改良型原子炉や原子力燃料、および原子炉関連のサービスを提供する世界有数のプロバイダーです。GEHは、2007年6月に、GEと日立製作所の原子力分野の事業提携により設立されました。原子力分野における新たな提携関係の締結により、GEと日立製作所は統一された戦略的なビジョンを掲げ、より広範なソリューションポートフォリオを提供するとともに、原子炉の新設や原子力関連サービスを提供する機会を拡大します。この提携関係は、世界中のお客さまに原子炉の稼働率、出力、および安全性の向上を実現するために必要な技術的リーダーシップを提供します。

この件に関するお問い合わせ先

GEエナジー広報部 [担当:新村(シンムラ)]
電話:080-3476-5892
izumi.shimmura@ge.com

以上