ホライズン・ニュークリア・パワー社、ウィルヴァ原子力発電所の先行エンジニアリング(FEED)契約を日立GEと締結

IMMEDIATE RELEASE
Wednesday 15 May 2013

ホライズン・ニュークリア・パワー社(以下、ホライズン)は、本日、同社のテクノロジー・プロバイダーおよび将来のEPC契約(建設工事契約)主契約者となる日立GEニュークリア・エナジー株式会社(以下、日立GE)との間で重要な契約を締結したことを発表しました。

今回の先行エンジニアリング(FEED: Front End Engineering and Design)契約は、ウィルヴァにおける新規建設プロジェクトに向けて行われる設計業務の枠組を定めるものです。

ホライズンのアラン・レイマントCOOは、次のように述べています。「今回の契約は複数年にわたるものであり、我々のプロジェクトがまた一歩大きく前進したことを示します。」

「これにより、建設予定地の開発について支援を受けることになり、ウィルヴァにとって最善の建設タイムテーブルを評価すること、我々のパブリック・コンサルテーション(地元との協議)に情報を提供すること、更にサプライ・チェーン開発戦略を支援することが可能となります。ウィルヴァは原子力発電所の新規建設に最適な立地であり、このたびの先行エンジニアリング(FEED)契約締結により、我々は日立GEと協力して本プロジェクト実現の計画を練ることができます。」

日立GEの武原秀俊取締役社長は、次のように述べています。「ホライズンとの契約が締結に至ったことを喜んでいます。これにより、建設予定地の整備に向けたエンジニアリングを進めることができます。」

「今回の先行エンジニアリング(FEED)契約は、ウィルヴァサイト固有の設計推進における将来の契約形態を整備することになるでしょう。」

来週、ホライズンと日立はランディドゥノおよびグロスターにてサプライヤー向けイベントを開催し、サプライヤーになると見込まれる業者にプロジェクト関連情報の共有をする予定です。また、最近には、参加の意向を表明した業者に、数少ない入札の機会を案内しています。

アラン・レイマントCOOは、次のように述べています。「サプライ・チェーンに参加する機会の多くは、我々に代わって日立GEが取りまとめる、製造および建設のプログラムから生まれることになります。更に、ホライズンによる建設予定地開発や、我々が原子力発電所の所有者および運転者となるにふさわしい体制および資格を整える活動を支援する、早期の機会も用意される予定です。」

「我々は、納期、価格、および品質のすべてにおいて満足できるサプライヤーを求めます。更に、そうしたサプライヤーには、地元、地方、および国の各レベルで人材やノウハウを最大限に活用して、斬新な提案を示すことが求められるでしょう。」

- 了 -

注:

  • ホイライズン・ニュークリア・パワー社は、英国における新たな原子力発電所の開発を目的として2009年に設立されましたが、2012年3月に前株主により売却が決定されました。同社は、2012年11月に日立製作所によって買収されました。
  • 日立GEニュークリア・エナジー社(日立GE)は、ホライズン社によるアングルシー島ウィルヴァおよびサウスグロスターシャー州オールドベリー・オン・セヴァーンにおける原子力発電所開発のテクノロジー・プロバイダーおよびEPC契約主契約者となります。日立GE株式の保有比率は、日立製作所が80.01%、GEは19.99%です。
  • 今回の先行エンジニアリング(FEED)契約は、ホライズンによって2013年5月14日に署名されました。
  • 先月、日立GEは英国原子力規制庁(ONR: Office for Nuclear Regulation)および環境庁(EA: Environment Agency)との間で、日立のABWR(改良型沸騰水型軽水炉)原子炉の包括設計審査(GDA: Generic Design Assessment)に関する合意に署名しました。
  • ホライズンと日立は、政府との価格交渉に入る段階に至ってはいませんが、英国の電力市場改革(EMR: Electricity Market Reform)の諸原則を踏まえた重要な検討を継続しており、最終的な投資判断を支援する適切な政策が得られるよう活動しています。
  • ウィルヴァおよびオールドベリーでのホライズンによる開発は、英国のインフラストラクチャにおける数十億英ポンド規模の投資を代表するものです。それぞれの開発で、建設段階のピークでは最大6,000名、そして運用時には約1,000名の雇用創出が期待されます。
  • 本プロジェクトにおける用地の配置および設計については、ホライズンが本プロジェクトのパブリック・コンサルテーションの第一段階を開始する際に一般公開される予定です。
  • ホライズンによるサプライヤー・イベントへのご参加を検討される企業は、suppliers@horizonnuclearpower.com にご連絡ください。イベントはメディア非公開となる予定ですが、イベントに関するインタビューおよびディスカッションについてはホライズンの広報にお問い合わせください。

Contact:

Tristram Denton Tristram.denton@horizonnuclearpower.com on 07585 966 747
Richard Foxhall Richard.foxhall@horizonnuclearpower.com on 07807 769 265

以上