日立GEニュークリア・エナジー株式会社 臨海工場・海岸工場 ISO45001認証を取得

日立GEニュークリア・エナジー株式会社(取締役社長:久米 正/以下、日立GE) は、このたび、臨海工場および海岸工場 (いずれも茨城県日立市)を認証範囲とした労働安全衛生マネジメントシステム国際規格ISO45001認証を取得しました。

労働安全衛生マネジメントシステム国際規格は従来,国際コンソーシアムが規格化したOHSAS18001が国際的に認知されてきましたが,OHSAS18001を基に,ISO(International Organization for Standardization)がISO9001:2015及びISO 14001:2015と共通の規格構造に準じて制定し,2018年3月に発行した新規格がISO45001:2018です。

日立GEは2015年3月にOHSAS18001認証を取得し,同規格を順守した労働安全衛生マネジメントシステムを運用し,労働安全衛生に関わる事故発生防止活動を展開してまいりました。新規格ISO45001の発行に伴い,移行準備を進めてきましたが,第三者認証機関であるLloyd's RegisterからISO45001認証移行審査を受け,2019年4月2日付でISO45001認証を取得しました。今後,日立GEはISO45001認証取得企業として,従業員をはじめとしたステークホルダー全体の労働安全衛生をより確実なものとすべく,継続的な改善活動を進めていきます。

以上