本文へジャンプ

Hitachi

日立原子力情報

燃料の長期にわたる確保を可能にする「原子燃料サイクル」

ウラン資源の有効利用を図り、利用効率を飛躍的に高めるための燃料再利用計画が「原子燃料サイクル」です。こうした燃料のリサイクル体制が確立し、実際に回収したプルトニウムとウランを混合したMOX燃料(モックス:Mixed Oxide Fuel)を日本で最も多い原子炉タイプの軽水炉で利用する「プルマーサル計画」や、プルトニウムへの変換効率の高い「高速増殖炉(FBR)」などが実現されれば、燃料の“半永久化”が可能となり、資源に乏しいわが国にとって大きな恵みとなるはずです。
なお、原子力発電所で発生する低レベル放射性廃棄物や、再処理工場で発生する高レベル放射性廃棄物は安全に処理・処分されます。

画像 原子燃料サイクル

原子力の日について

わが国では、10月26日を「原子力の日」と定め、毎年この日を中心として広く国民一般に対して原子力についての理解と認識を深める行事を行い、わが国の原子力平和利用の発展に寄与することとしています。

王禅寺センタ

当社の王禅寺センタの紹介や情報公開を行います。

画像 東京原子力産業会

「TAIC」は我が国の原子力発展に貢献する企業グループです。
Tokyo atomic industrial consortium