本文へジャンプ

Hitachi

日立原子力情報

日立は、昭和32年に原子力技術の開発に着手して以来、研究炉、輸出、開発炉そして商用炉とさまざまな原子力プロジェクトに携わっています。

取り組みの歴史一覧表
納入先 プラント名
(納入設備)
出力(MWe) 運転開始年 種類
日本原子力研究所 研究用原子炉(JRR-1)
(補機設備)
0.05MWt 昭和32年 研究炉
日本原子力研究所 研究用原子炉(JRR-2)
(ヘリウム純化装置)
10MWt 昭和35年 研究炉
(株)日立製作所中央研究所 研究用原子炉(HTR)
(原子炉設備一式)
0.1MWt 昭和36年 研究炉
日本原子力研究所 研究用原子炉(JRR-3)
(原子炉本体、他)
10MWt 昭和37年 研究炉
武蔵工業大学 研究用原子炉(トリガ炉)
(原子炉設備一式)
0.1MWt 昭和38年 研究炉
日本原子力研究所 動力試験炉(JPDR)
(原子炉系設備)
12.5 昭和38年 研究炉
京都大学 研究用原子炉(KUR)
(原子炉設備一式)
1MWt 昭和39年 研究炉
日本原子力研究所 研究用原子炉(JRR-4)
(原子炉設備一式)
1MWt 昭和40年 研究炉
日本原子力研究所 材料試験炉(JMTR)
(炉心構造物、他)
50MWt 昭和43年 研究炉
日本原子力発電(株) 敦賀発電所第1号機
(原子炉圧力容器、炉心構造物、他)
357 昭和45年 商用炉
東京電力(株) 福島第一原子力発電所1号機
(原子炉格納容器、他)
460 昭和46年 商用炉
パキスタン政府 カラチ原子力発電所
(タービン・発電機)
137 昭和47年 輸出
中国電力(株) 島根原子力発電所1号機
(プラント設備一式)
460 昭和49年 商用炉
中部電力(株) 浜岡原子力発電所第1号機
(タービン設備一式)
540 昭和51年 商用炉
動力炉・核燃料開発事業団
(原子炉設備、他)
高速増殖炉「常陽」
(原子炉設備、他)
50MWt 昭和52年 開発炉
東京電力(株) 福島第一原子力発電所第4号機
(プラント設備一式)
784 昭和53年 商用炉
日本原子力発電(株) 東海第二発電所
(原子炉系機器、タービン補機、他)
1,100 昭和53年 商用炉
中部電力(株) 浜岡原子力発電所第2号機
(タービン設備一式)
840 昭和53年 商用炉
動力炉・核燃料開発事業団 新型転換炉「ふげん」
(原子炉設備)
165 昭和53年 開発炉
台湾電力公司 金山原子力発電所1号機
(原子炉格納容器)
636 昭和53年 輸出
台湾電力公司 金山原子力発電所2号機
(原子炉格納容器)
636 昭和54年 輸出
ケルンクラフトウェル
ライブシュタット社(スイス)
ライブシュタット発電所
(炉内構造物)
1,220 昭和59年 輸出
東京電力(株) 福島第二原子力発電所第2号機
(プラント設備一式)
1,100 昭和59年 商用炉
パブリック・サービス
・エレクトリック・エンド・ガス社(米)
ホープ・クリーク発電所第1号機
(原子炉圧力容器)
1,117 昭和61年 輸出
東京電力(株) 福島第二原子力発電所第4号機
(プラント設備一式)
1,100 昭和62年 商用炉
中部電力(株) 浜岡原子力発電所第3号機
(タービン設備一式)
1,100 昭和62年 商用炉
中国電力(株) 島根原子力発電所第2号機
(プラント設備一式)
820 平成元年 商用炉
東京電力(株) 柏崎刈羽原子力発電所第5号機
(プラント設備一式)
1,100 平成2年 商用炉
中部電力(株) 浜岡原子力発電所第4号機
(タービン設備一式)
1,137 平成5年 商用炉
北陸電力(株) 志賀原子力発電所第1号機
(プラント設備一式)
540 平成5年 商用炉
動力炉・核燃料開発事業団 高速増殖炉「もんじゅ」
(中間熱交換器、蒸気発生器、他)
280 平成6年 開発炉
東京電力(株) 柏崎刈羽原子力発電所第4号機
(プラント設備一式)
1,100 平成6年 商用炉
東京電力(株) 柏崎刈羽原子力発電所第6号機
(タービン補機一式)
1,356 平成8年 商用炉
東京電力(株) 柏崎刈羽原子力発電所第7号機
(原子炉設備一式)
1,356 平成9年 商用炉
日本原子力研究所 高温工学試験研究炉
(原子炉圧力容器、他)
30MWt 平成10年 研究炉
東北電力(株) 女川原子力発電所第3号機
(タービン設備一式)
825 平成14年 商用炉
中部電力(株) 浜岡原子力発電所第5号機
(タービン設備一式)
1,380 平成17年 商用炉
北陸電力(株) 志賀原子力発電所第2号機
(プラント設備一式)
1,358 平成18年 商用炉

(単位説明)Wt:熱出力、We:電気出力、1MW=1,000KW
(おことわり)部分的に取り組んだプラントも含まれます。
研究炉と開発炉については、運転開始年は初臨界の年、出力は初期の定格値です。
(出典)商用炉:世界の原子力発電開発の動向(日本原子力産業会議)
研究炉・開発路:各研究機関の公開資料、ホームページなど

原子力の日について

わが国では、10月26日を「原子力の日」と定め、毎年この日を中心として広く国民一般に対して原子力についての理解と認識を深める行事を行い、わが国の原子力平和利用の発展に寄与することとしています。

王禅寺センタ

当社の王禅寺センタの紹介や情報公開を行います。

画像 東京原子力産業会

「TAIC」は我が国の原子力発展に貢献する企業グループです。
Tokyo atomic industrial consortium