GE日立ニュークリア・エナジーのスチーム・ドライヤー評価プロセス NRCの承認を取得、新設および既設のBWR向けに

電力会社のライセンス変更申請、発電所新設申請をサポートするGEHの新分析手法

【ノースカロライナ州ウィルミントン 2010年11月10日】 GE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は本日、蒸気乾燥器の状態について、より正確な評価が可能な新しい分析手法が米国原子力規制委員会(NRC)の承認を得たと発表しました。この分析手法は、沸騰水型原子炉(BWR)原子力発電所を運営あるいは新設する電力会社向けに開発したものです。

現在あるいは将来の運転要件の下で、蒸気乾燥器がどのように反応するかを予測する能力についてNRCの審査が行われますが、GEHはこれに対応して新しい分析手法を開発しました。電力会社はNRCに既存のBWR装置のライセンス変更を申請する際も(発電所の出力向上を計画する際など)、また、GEHの次世代の革新型単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)を採用した新発電所の建設を申請する際も、蒸気乾燥器の分析を提出しなければなりません。

GEHのケビン・ラガッセ上席副社長(原子力サービス担当)は「米国では信頼性と効率が向上する発電所の新設を準備している電力会社が何社かある一方で、既存の原子炉のライセンス延長と出力増強をNRCに申請している会社もあります。新たに承認された当社の分析手法は新設・改良のいずれのケースでも重要な役割を果たします。スチーム・ドライヤーの能力をより正確に評価できるようになり、申請企業のプロジェクトに対するNRCの信頼を一層高めることになるからです」と述べています。

出力増強を計画している場合、分析結果に基づいて、出力増強条件を達成するために改良型ドライヤーもしくは新型ドライヤーが必要になる可能性があります。ノースカロライナ州ウィルミントンとペンシルバニア州キャノンスバーグの事業所の熟練したチームは、改良型および新型のBWR蒸気乾燥器の設計、製造、設置、計測に、業界をリードする専門的能力を備えています。

スチーム・ドライヤーは、原子炉の圧力容器の中にあるコアの上部に取り付けられ、スチームから余分な蒸気を取り除く重要な部品です。その後、蒸気は原子力発電所のタービン発電システムに送られ、そこで発電が行われます。

エンタジー・ニュークリア社は、ミシシッピー州ポート・ギブソンにあるグランドガルフBWR発電所の出力増強を計画していますが、その一環として、米国の電力会社の中で最初に、GEHの蒸気乾燥器評価手法を全面的に取り入れ、発電所での負荷評価(PBLE)などを実施します。エンタジーは米国第2位の原子力発電会社です。

グランドガルフ発電所に加え、この分析手法は、クワッドシティ2とサスケハナ1の両発電所でのドライヤーの計測データとの評価にも採用されており、スペイン、日本、米国でも同様なプロジェクトが実行される予定です。

GE日立ニュークリア・エナジーについて

米国ノースカロライナ州ウィルミントンに拠点を置くGE日立ニュークリア・エナジー(GEH)は、改良型原子炉や原子力燃料、および原子炉関連のサービスを提供する世界有数のプロバイダーです。GEHは、2007年6月に、GEと日立製作所の原子力分野の事業提携により設立されました。原子力分野における新たな提携関係の締結により、GEと日立製作所は統一された戦略的なビジョンを掲げ、より広範なソリューションポートフォリオを提供するとともに、原子炉の新設や原子力関連サービスを提供する機会を拡大します。この提携関係は、世界中のお客さまに原子炉の稼働率、出力、および安全性の向上を実現するために必要な技術的リーダーシップを提供します。

この件に関するお問い合わせ先

GEエナジー広報部 [担当:新村(シンムラ)]
電話:080-3476-5892
izumi.shimmura@ge.com

以上