ページの本文へ

Hitachi GE

日立GEニュークリア・エナジー株式会社

開発の変遷

BWR建設経験と燃料サイクル技術を元に、初期投資リスク低減、長期的な安定電源、放射能有害度低減を実現する新型炉として、高経済性小型軽水炉BWRX-300、軽水冷却高速炉RBWR、金属燃料Na高速炉PRISMの3つの炉型をオープンイノベーションで国際共同開発しています。

ABWR
:Advanced Boiling Water Reactor
ESBWR
: Economic Simplified Boiling Water Reactor
RBWR
: Resource Renewable Boiling Water Reactor
EBR-II
: Experimental Breeder Reactor-II
PRISM
: Power Reactor Innovative Small Module

BWRX-300

他の電源と同等以下の発電コストの実現と資本リスク低減めざし、経済性の高い小型軽水炉を、当社と米国のGE Hitachi Nuclear Energy(GEH)で日米共同開発を進めています。
実績豊富なBWR技術に、革新的概念である原子炉圧力容器一体型隔離弁を適用することで、高度な安全性を維持した上で経済性を向上します。

Adobe Acrobat Readerのダウンロード
PDF形式のファイルをご覧になるには、Adobe Systems Incorporated (アドビシステムズ社)のAdobe Acrobat Readerが必要です。